V-expo

V-expoコラム

メタバース社内イベント

社内イベントを成功させるポイントとは?開催するメリット、イベントの例を紹介

#メタバース

#メタバースイベント

#社内

2022.10.27


メタバース

社内イベントは、社員同士の交流を深めたり、社員の帰属意識を高めたり、 企業によって様々な目的で行われます。社内イベントの開催を任された人は、 オフライン・オンラインどちらで開催するべきか、何のイベントをすれば楽しんでもらえるかなど、 社内イベントを成功させるために頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。

本記事では、社内イベントを成功させるポイントについて解説します。社内イベントの例も紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

目次

社内イベントを開催するメリット

社内イベントを開催するメリットは、主に下記3つです。

社員同士のコミュニケーションを円滑にする
社員のモチベーションアップ
企業理念・ビジョンの共有

それぞれ詳しく解説していきます。

社員同士のコミュニケーションを円滑にする

社内イベントを行う大きなメリットは、これまで接する機会が無かった人ともイベントを通してコミュニケーションをとれる点です。 また、顔は知っているけど普段の業務ではあまり会話する機会が無かった人とも話せるきっかけにもなるでしょう。

社員同士のコミュニケーションが円滑になることで、今後の仕事でもコミュニケーションをとりやすくなったり、 他部署の人と協力して仕事を進めやすくなるなど、様々なメリットを得られます。

社員のモチベーションアップ

社員のモチベーションアップにも繋がる点も社内イベントを開催するメリットの一つです。

社内イベントを通して社員同士のコミュニケーションを活性化することができれば、社員は会社に対して居心地の良さを感じられるでしょう。 また、居心地が良い環境であれば、仕事に対してのモチベーションも上がります。

さらに、イベントを通して社員同士の一体感や帰属意識を高める効果も期待できます。

会社の理念・ビジョンへの理解が深まる

社内イベントでは、普段接する機会が少ない上層部や経営層の社員ともコミュニケーションをとれる絶好の機会だといえます。 社内イベントを通して上層部・経営層の社員と話すことで、会社の理念やビジョンへの理解が深まります。

会社の理念やビジョンへの理解が深まることで、自分が会社にどのように貢献できるのかを考えられるようになり、より高いモチベーションを持って仕事に取り組めるようになるでしょう。

社内イベントを成功させるための3つのポイント

社内イベントを開催する機会はそれほど多くはありません。 そのため、イベント開催を任された人は出来る限りイベントを円滑に進め、参加者全員に満足してもらいたいと考えるでしょう。

ここでは、社内イベントを成功させるためのポイントを3つご紹介します。

①社内イベントの目的を明確に決める

社内イベントを行う大きなメリットは、これまで接する機会が無かった人ともイベントを通してコミュニケーションをとれる点です。 また、顔は知っているけど普段の業務ではあまり会話する機会が無かった人とも話せるきっかけにもなるでしょう。

社員同士のコミュニケーションが円滑になることで、今後の仕事でもコミュニケーションをとりやすくなったり、 他部署の人と協力して仕事を進めやすくなるなど、様々なメリットを得られます。

②企画・運営を行うメンバーの選出

社員のモチベーションアップにも繋がる点も社内イベントを開催するメリットの一つです。

社内イベントを通して社員同士のコミュニケーションを活性化することができれば、社員は会社に対して居心地の良さを感じられるでしょう。 また、居心地が良い環境であれば、仕事に対してのモチベーションも上がります。

さらに、イベントを通して社員同士の一体感や帰属意識を高める効果も期待できます。

③社員の参加率を高めるために定期的なリマインドを行う

社内イベントでは、普段接する機会が少ない上層部や経営層の社員ともコミュニケーションをとれる絶好の機会だといえます。 社内イベントを通して上層部・経営層の社員と話すことで、会社の理念やビジョンへの理解が深まります。

会社の理念やビジョンへの理解が深まることで、自分が会社にどのように貢献できるのかを考えられるようになり、より高いモチベーションを持って仕事に取り組めるようになるでしょう。

社内イベントの例

ここでは、社内イベントの例を紹介します。

どのようなイベントを行うか迷っている方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

社員の交流を深めることを目的としたイベント

・社員旅行
・お花見
・誕生日会
・キャンプ
・ボウリング大会
・スポーツ観戦
・バーベキュー

社員のモチベーションアップに繋がりやすいイベント

・新規事業の社内コンペ
・社員による講演会
・全社員参加型の会議
・事業に関連した作品の鑑賞会
・視察・研修を目的とした社員旅行

オンラインで行う社内イベント

・オンライン飲み会・懇親会
・もくもく会
・バーチャルオフィス体験
・オンライン合宿
・オンライン人狼ゲーム

メタバースで社内イベントを開催するメリット

オンラインでの社内イベントにおすすめなのが「メタバース」です。 メタバースはイベント開催はもちろん、ビジネスやゲームなど様々な分野で活用されています。

メタバースでの社内イベントには、下記のようなメリットがあります。

①斬新性が高く社員の興味を惹きつけられる

メタバースのイベントを実施したことがある企業はまだまだ少ないのが現状です。 そのため、メタバースでのイベントと聞くと真新しさを感じる社員がほとんどでしょう。 このように斬新性が高いため、社員の興味を惹きつけられるメリットがあります。

また、オフラインでのイベントはマンネリ化しやすい面がありますが、マンネリを打破するために、 メタバースでのイベントを検討するのは非常に良い方法だといえるでしょう。

②オフラインに近い臨場感を体験できる

メタバースでの社内イベントは、オフラインのイベントに近い臨場感を体験できる点が大きなメリットです。

自身で臨場感をリアルに感じられるのはもちろん、他の社員の様子もオフラインと近い状態で感じられるでしょう。

③会場準備の手間がかからない

リアルのイベント開催は、会場の確保やステージやイスの準備など、非常に手間がかかります。 メタバースでのイベント開催では、これらの準備の手間が一切かからないのが特徴です。

イベント開催までに参加者にツールを配布して、使い方のレクチャーをするだけで準備が完了します。 そのため、会場準備のコストや時間を大幅に削減できるでしょう。

社内イベントで使えるメタバースを紹介

ここでは、社内イベントで使えるメタバースを3つ厳選してご紹介します。

①めちゃバース

めちゃバース」は、最大数千名規模でも参加・交流ができるメタバースです。専用アプリのインストールが不要であり、Webブラウザから利用できます。
メタバース画像引用元:「めちゃバース

上記の画像のとおり、1000人以上のアバター表示が可能となっています。

めちゃバースは、テレビ朝日グループ/系列による技術展示会の「ゴーテック2022」や国内最大級であるVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」のバーチャル会場として利用された実績があります。

②V-expo

続いて紹介するメタバースは「V-expo」です。

V-expoは、社内・社外・採用イベント・懇親会などの参加型イベントに最適なメタバースです。 会場の準備や運営などの手間をかけずにイベントを開催できます。 また、最大1000人までのイベントに対応しているため、大規模でのイベントにも適しているのが特徴です。

V-expoでは、例えば下記のような「社内表彰式」での活用事例があります。

社内表彰式 in メタバース画像引用元:「V-expo

こちらの記事の通り、イベントの準備から当日のサポートまで手厚く行っている点がV-expoの大きな魅力です。

メタバースでのイベントを実際した経験がある企業は多くはないため、このような手厚いサポート体制があることで、安心してイベントを開催できるでしょう。

V-expoは、パソコンやタブレット、スマホなど様々なデバイスで利用できるのも特徴です。今回ご紹介した事例以外にも、メタバース婚活や転職イベントでの利用もあり、ビジネス以外のシーンでも利用できます。

①CYZY SPACE

最後にご紹介するメタバースは、「CYZY SPACE」です。

CYZY SPACEは、ブラウザからでも利用できるメタバースです。こちらも同じく専用の機械やアプリのインストールは不要であり、導入の手間が掛からないのが特徴です。
CYZY SPACEでは、AIコンシェルジュ機能によるサポートを受けられます。また、1ヶ月の無料トライアルも行っているため、1度操作感を確認した上で導入できる点がメリットです。

まとめ

今回は、社内イベントを成功させるポイントについて解説しました。社内イベントを成功させるポイントは下記の3つです。

・社内イベントの目的を明確に決める
・企画・運営を行うメンバーの選出
・社員の参加率を高めるために定期的なリマインドを行う

社内イベントは様々な方法で開催できる分、 どの方法で行うべきか迷ってしまう方が多くなります。そんな方におすすめなのが、 今回ご紹介したメタバースによる社内イベントの開催です。

メタバースによるイベント開催は、下記の3つのメリットがあります。

・斬新性が高く社員の興味を惹きつけられる
・オフラインに近い臨場感を体験できる
・会場準備の手間がかからない

メタバースによる社内イベントを経験したことがある人は多くはないため、 どのような社内イベントを開催するか迷っている方は、メタバースによる社内イベントを検討してみてはいかがでしょうか。

Share on

Twitter
Facebook
  • この記事を書いた人

    村上 沙織

コラム

コラム画像

コラム画像

コラム画像

V-expoとは
株式会社m-LabCopyright © 2021 m-Lab Inc.